2017年10月16日 (月)

ご観戦ありがとうございました

以上で本局の中継を終了いたします。来期の新人王戦もどうぞお楽しみに。

Dsc_4277a(第48期新人王の栄冠をつかんだ増田四段)

(睡蓮)

感想戦

感想戦は50分ほど行われ、18時25分に終了しました。

Dsc_4226a

Dsc_4243a

Dsc_4241a

Dsc_4256a

Dsc_4252a

Dsc_4279a

(睡蓮)

終局直後

Dsc_4173a(終局直後の特別対局室。インタビューが始まるまでは、ともに無言だった)

Dsc_4186a(新人王戦連覇を達成した増田四段。丸山忠久九段、藤井猛九段に続いて史上3人目の快挙だ)

Dsc_4184a(佐々木四段は届かなかった)

Dsc_4180a

◆増田四段の談話

――2連勝で優勝を決められました。感想をお聞かせください。

増田:今期は厳しい戦いが多くて、きついときもありましたが、優勝できてよかったです。

――新人王戦の連覇は20年ぶりで、丸山忠久九段、藤井猛九段に続いて3人目です。

増田:連覇するのはなかなか難しいことだと思っていたので、とてもうれしいです。

――今日の一局はいかがでしたか。

増田:序盤は後手番にしてはうまくいったかなという気がしました。仕掛けられた辺りはどちらがよいのかよく分からなかったのですが、途中からはうまく指せたかなと思います。

――「途中から」というのはどの辺りからでしょうか。

増田:△3三角(68手目)と打った辺りからです。

――勝ちの手応えがあったのはどこでしょうか。

増田:△5七銀成(106手目)~△5七角成(110手目)で受け方が難しいので、かなり手応えを感じました。

――最後に今後の抱負をお願いします。

増田:新人王戦で連覇できたことを励みに、これからほかの棋戦でも活躍していきたいと思います。

Dsc_4192a

◆佐々木四段の談話

――今日の一局を振り返っていただけますか。

佐々木:やってみたい形ではあったのですが、こちらの苦労が多い展開になってしまって、あまりよいところがなかったです。

――第1局を終えられたときには、第2局は先手番なので主導権を取りたいとおっしゃっていました。

佐々木:そうですね。ただ、本局は待機されたときにどのように最善の形を作るのかがよく分からないまま指してしまって……序盤の組み方がいま一つだったかもしれません。

――番勝負全体での感想をお聞かせください。

佐々木:もう少し終盤で熱戦になるようにしたかったのですが、こちらの力がなさすぎて。第1局も本局も、中盤で差をつけられてしまいました。

(睡蓮)

増田四段連覇達成

Shinjin201710160101120
120手で増田四段が制して2連勝。新人王戦連覇を達成した。終局時刻は17時33分。消費時間は、▲佐々木2時間59分、△増田2時間55分。

(吟)

リードを保つ後手

20171016k図は17時30分頃の局面。依然、後手の増田四段優勢の局面が続いています。この△4三香も、先手が4筋に歩を打てないことをとがめており、非常に厳しい一手です。

Dsc_4034a(増田四段。連覇が見えてきたようだ)

(睡蓮)

17時頃の控室

Dsc_4170a(日本将棋連盟常務理事の鈴木大介九段が来訪。田村七段と並んで検討している。二人は故・大内延介九段門下の兄弟弟子だ)

Dsc_4171a(元女流棋士の藤田麻衣子さんも継ぎ盤の輪に加わっている)

(睡蓮)

後手優勢

20171016j

図は16時55分頃の局面。控室の評判は後手優勢ですが、図の▲6九桂に「さすが深浦(康市九段)門下ですね」と田村七段。佐々木四段が師匠ゆずりの粘り強さを発揮しながら逆転のチャンスをうかがっています。

Dsc_4094a(佐々木四段)

(睡蓮)