第22期倉敷藤花戦三番勝負第1局

2014年11月 5日 (水)

第2局は11月22日(土)

第1局は甲斐倉敷藤花の勝利。防衛に王手をかけました。

第2局は11月22日(土)倉敷市芸文館(岡山県倉敷市)で行われます。そちらもぜひご覧ください。

Dsc_0009 (本局の棋譜)

(紋蛇)

感想戦(2)

Dsc_9943

Dsc_9956

Dsc_9976

Dsc_9988_2

Dsc_9995

Dsc_0003_2 (感想戦は17時10分過ぎで終了した)

(紋蛇)

感想戦(1)

Dsc_9890 (甲斐倉敷藤花。防衛に向けて白星発進)

Dsc_9895 (山田女流四段。惜しい逆転負け)

Dsc_9917_2

Dsc_9938_2

Dsc_9941

(紋蛇)

終局直後

Dsc_9873 (勝った甲斐倉敷藤花)

--お疲れ様でした。まずは甲斐倉敷藤花、本局の感想をお聞かせください
仕掛けて指しやすいかと思っていましたが、7二金を相手にするのでなんとも言えません。△5五歩と止められてわからなくなりました。そのあとは悪手を指して一手負けかなと。最後は仕方ないなと下駄を預けて、上部に逃げられるようになって逆転したと思います。

--第2局の抱負をお願いします
第2局は本局よりいい内容を指せるように頑張ります。

Dsc_9877 (敗れた山田女流四段)

--山田女流四段、お疲れ様でした
戦型は後手番ならこれをやろうと思ってきました。早めに動かれて穴熊を完成させるのが難しくなりましたね。▲7四歩に△5二飛で一方的につぶされることはなくなったんですけど、最後はまったくわからなくなってしまいました。お見苦しかったので申し訳ないなと思います。

--第2局の抱負をお願いします。
第2局は公開対局なので、最後までハラハラドキドキさせるような将棋を指せればと思います。

--久しぶりのタイトル戦の舞台はいかがでしたか。
いまの雰囲気がいつもと違うだけで(笑)それほど対局前は緊張しなかったです。いつもの普段の対局と同じような気持ちで臨めたと思っています。

(紋蛇)

甲斐倉敷藤花が先勝

Kurashikitouka201411050101125

125手まで、甲斐倉敷藤花が勝って対戦成績を1勝0敗としました。終局時刻は15時45分、消費時間は両者2時間を使い切った。

(八雲)

逆転

20141105akaiyamada95▲5四玉と逃げて入玉を防げません。逆転しました。

(紋蛇)

山田も1分将棋

20141105akaiyamada82△5六角と踏み込み山田女流四段も1分将棋になりました。△3八角成とたたき切って本当に寄っているのか。控室ではまだ結論は出ていません。

(紋蛇)

後手良し

20141105akaiyamada79直前の△5九と▲同金で薄くできたのが大きく、「後手良し」と言われています。控室の候補は△5六角と△4七金。山田女流四段はわずかに持ち時間が残っています。ここで投入して攻め合い勝ちを目指したいところです。

(紋蛇)

甲斐は1分将棋

20141105akaiyamada71△6八歩に▲4六桂と甲斐倉敷藤花は攻め合いました。穴熊を先に崩せるかの勝負です。△6八歩で甲斐倉敷藤花は1分将棋。山田女流四段の残り時間は15分。

▲4六桂に△3三角は薄くなるので指しにくいと言われていましたが、青野九段は「いい手ではないか」と話しています。

20141105akaiyamada72角と桂を手に入れれば、△5五角が攻防手になります。激しい攻め合いに突入です。

(紋蛇)

14時40分頃の控室

14時40分過ぎ、控室では中村修九段、青野照市九段、野田澤彩乃女流1級が検討しています。

Dsc_9865_2(中村修九段)

Dsc_9867 (青野九段)

Dsc_9868 (野田澤女流1級)

(紋蛇)