カテゴリ「第30期竜王戦七番勝負第1局」の記事 Feed

2017年10月21日 (土)

現地大盤解説会開始

13時30分、現地大盤解説会が開始された。都内での開催、土曜日ということもあり、すでに400人のファンの方が来場している。

Dsc_0751(後ろまでビッシリと席が埋まっている)

Dsc_0735(解説を行う村山七段)Dsc_0741(聞き手は竹部女流三段)

※15時20分追記、大盤解説会場は満席のため、入場受付を終了しました。

 

2日目 対局再開(2)

Dsc_0723

Dsc_0728(ファンが見守る中、両者は考え込む)

Dsc_0729(▲5五銀が指され、今度は手番が渡辺竜王)

 

2日目 対局再開(1)

Dsc_0694

Dsc_0702

Dsc_0705(▲5五銀を着手する羽生棋聖)

Dsc_0715 


2日目 休憩中の対局場

Dsc_0682(ここから両対局者は対局場に向かう)

Dsc_0684

Dsc_0685(2日目昼食休憩までの棋譜)

Dsc_0686(手番の羽生棋聖側から見た盤面)

 

2日目 昼食休憩

64

△7四角に羽生棋聖が18分使って昼食休憩。消費時間は▲羽生棋聖5時間30分、△渡辺竜王5時間26分。対局は13時30分に再開される。

Dsc_0676(両対局者の昼食は「すき焼き弁当」だった)

2日目 12時10分のモニター

Dsc_0680(12時10分の控室のモニター)

Dsc_0681(昼食休憩前だが、局面はかなり激しい)

 

分岐点

55

図は先手の羽生棋聖が▲3二とと金を取った局面。消費時間は▲羽生棋聖4時間51分、△渡辺竜王4時間45分。▲3二とに後手の渡辺竜王は分岐点を迎えている。△3二同飛と△2八歩成のどちらかと見られている。「△2八歩成でいいなら、わかりやすいですね」と島九段。△3二同飛には▲2七銀△2二飛の進行が考えられる。「もう終盤の入り口で、進行が早いですね」と中村太王座。

Dsc_0664(大盤解説を担当する村山七段が姿を見せている)

Dsc_0666

Dsc_0668(戦いが激しくなって、検討にも熱が入る)

 

プレミア解説

竜王戦プレミアムにお申し込みの方に、プレミア解説が開始されている。解説は青野九段、聞き手は加藤桃子女王。

Dsc_0653

Dsc_0656(青野九段)

Dsc_0662(聞き手は加藤女王)

 

開封された封じ手

Dsc_0631

Dsc_0632(3五から2五に矢印が伸びている)Dsc_0636_2(封筒の裏)

 

2日目 午前のおやつ

Dsc_0648(羽生棋聖は「かぼちゃのタルト」を注文)

Dsc_0646(渡辺竜王は「オレンジジュース」、「ホットコーヒー」を注文。飲み物だけを頼んだ)

 

カテゴリ