カテゴリ「第28期竜王戦七番勝負第2局」の記事 Feed

2015年10月30日 (金)

後手優勢

20151030aitodaniwatanabe56控室の評判は「後手優勢」。先手玉は△2六銀からの詰めろがかかっており、6五桂も当たっています。控室の継ぎ盤は止まったままです。

Dsc_4149 (11時20分頃の控室)

Dsc_4154 (深浦康市九段が来訪した)

Dsc_4150 (日浦市郎八段。北海道出身)

Dsc_4151 (野月浩貴七段も北海道出身だ)

京王プラザホテル札幌

Dsc_4128 (対局場の京王プラザホテル札幌。1982年に開業したホテルだ。地上22階、地下1階、客室数は502室と大きい)

Dsc_4144 (札幌駅は徒歩5分の距離)

Dsc_3547 (ホテル内にはハロウィンの飾りつけがあった)

Dsc_3548

Dsc_3543

Dsc_3544

大盤解説会

10時になり、現地では大盤解説会が始まりました。

Dsc_4114 (会場は京王プラザホテル札幌・2階「ローズルーム」)

Dsc_4115 (森下九段)

Dsc_4122 (村山七段。森下九段の雑談に笑みがこぼれる)

2日目 午前のおやつ

10時になり、午前のおやつが運ばれました。

Dsc_4089_2 (糸谷竜王のおやつ。百合根のモンブラン、コーヒー。百合根は北海道の特産品だ)

Dsc_4098 (渡辺棋王のおやつ。やわらか杏仁豆腐、コーヒー)

終盤戦へ

20151030aitodaniwatanabe47△1五角に▲7四歩と突き、終盤戦へ突入しました。美濃囲いを玉頭から攻めているのは厳しいようですが、先手は馬が遊んでいます。△4八角成▲同金△3九飛、▲同玉にも△3七歩のプレッシャーがあるので、控室では「後手を持ちたい」の声が圧倒的です。

Dsc_4105 (富岡八段)

Dsc_4106 (山口女流初段)

Dsc_4111 (継ぎ盤には激しい変化が並ぶ)

封じ手用紙

Dsc_4085 (封じ手は2通用意される)

Dsc_4087 (矢印で、駒の動きも示すのが慣例)

封じ手開封

Dsc_4054 (川崎直人三段の読み上げに合わせて、1日目の指し手を再現する)

Dsc_4070 (森下九段が封じ手を開封)

Dsc_4078 (封じ手▲6五桂を着手する糸谷竜王。2日目が始まった)

2日目 対局準備

Dsc_4039 (先に入室したのは、糸谷竜王)

Dsc_4046 (渡辺棋王)

Dsc_4051

Dsc_4052

封じ手は▲6五桂

20151030afuujite封じ手は▲6五桂。控室でも有力と見られていました。

2日目のスケジュール

おはようございます。2日目のスケジュールは、以下のとおりです。

■2日目のスケジュール
9:00      封じ手開封
10:00      おやつ
12:30~13:30 昼食休憩
15:00      おやつ

Dsc_4030 (今朝の札幌市内の様子。目の前に広がるのは、北海道大学・札幌キャンパス)

カテゴリ