カテゴリ「第27期竜王戦七番勝負第3局」の記事 Feed

2014年11月 7日 (金)

午後のイベント会場

Dsc_0893イベント入場者数は200人を超えて230人ほどとのことだ。

Dsc_0879(厳しい表情で指導対局を行う藤井九段)

Dsc_0874(室谷女流初段) 

鬼手あり

Ryuou201411060101_88図は88手目△7五桂の局面。後手よしといわれていましたが、△7五桂は先手に後手玉を詰ますために有効な桂を渡しやすいため、あまり検討されていませんでした。
控室で検討している手順の一例は▲3六飛△5一玉▲7五銀△6七角成▲同金△8七歩成▲4二角△6一玉▲4三角(参考図)。



Ryuou201411060101_sanko1▲4二角から▲4三角まで連続で角を捨てるのが鬼手です。参考図は王手と金取り。しかし、△4三同金は▲3一飛成△7二玉▲7一竜△同玉▲8一飛から後手玉が詰んでしまうのです。これは後手失敗です。森内竜王は他の手順で勝ちを見出さねばなりません。

15時20分の控室

__kifu_for_windows_pro_v6_62_1__txt

0

図の▲6七金右に△8四桂▲3六飛△7六桂▲同金△同角成▲3三飛成△同桂▲4三銀△同馬▲同歩成△同玉▲3四角△4二玉▲4三金△3一玉▲3三金(参考図)を検討しているのは高見泰地五段と黒沢怜生四段。
「一直線に進めるとこうなります。参考図で先手玉が詰まなければ、先手としてはこう進めたいところです。しかし、どこかで変化する順もありますから」と黒沢四段。
「▲3三金(参考図)に先手玉が詰むか詰まないか……よく分かっていません」と高見五段)

Dsc_0865(黒沢四段と高見五段の検討の様子。黒沢四段は10月1日付で四段昇段を決めたばかり)

Dsc_0868

Dsc_0869(高見五段の兄弟子(石田和雄九段門下)の勝又六段は田村七段と検討中)

2日目 午後のおやつ

Dsc_0863(森内竜王はフルーツの盛り合わせを注文)

Dsc_0856(糸谷七段はショートケーキとアイスコーヒー)

及川六段 ニコニコ生放送へ電話出演

Dsc_0841(昨日は森下九段と飯島七段が現地控室からニコニコ生放送へ電話出演したが、今日は及川六段が出演した)

Dsc_0843_2

Dsc_0846

Dsc_0849(ニコニコ生放送に出演後、戸辺六段とモニターを見る及川六段)

14時すぎの控室

Dsc_0829(差し入れを持ち控室を訪れた高浜愛子女流3級。関東所属として活動していくとのこと)

Dsc_0834(高浜女流3級の差し入れ)

Dsc_0824(こちらは洋菓子ブランドブールミッシュからの差し入れ。ブールミッシュは棋聖戦でおやつスポンサーになった)

Dsc_0839(片上大輔六段も控室を訪れた)

2日目 対局再開

Dsc_0771(13時20分頃、対局室へ向かう糸谷七段)

Dsc_0779

Dsc_0796(対局室へ戻り棋譜を覗き込む森内竜王)

Dsc_0801

Dsc_0803(再開後の一手▲4三歩を着手する糸谷七段)


2日目 休憩中の控室

Dsc_0765(夫妻で仲良く検討中の及川六段と上田女流三段。及川夫妻は自宅では練習将棋は指さないが、中継局の検討はするとのこと)

Dsc_0767(勝又清和六段が現地を訪れ、本局を初手から並べる)

Dsc_0769(飯島七段と話しながらゆったりくつろぐ藤井九段)

2日目 昼食

Dsc_0755(森内竜王の注文はうな重)

Dsc_0753(糸谷七段はアメリカンクラブハウスサンドイッチ)

Dsc_0750001

2日目の昼食休憩に入る

Ryuou201411060101_78

図の△3三同金の局面で昼食休憩に入りました。ここまでの消費時間は▲糸谷5時間21分、△森内5時間34分。
対局は13時30分に再開されます。

カテゴリ