カテゴリ「第27期竜王戦七番勝負第2局」の記事 Feed

2014年10月31日 (金)

「めちゃくちゃ厳しい」

_90

△2五角が「めちゃくちゃ厳しい」と言われています。▲4四成銀と逃がすのは△6五歩で角が取れます。また▲3五成銀と引いて逃がすのは△3九竜があります。

15時のおやつ

299

(森内竜王のおやつはフルーツ盛り合わせとホットレモンティ)

284

(糸谷七段のおやつは抹茶のロールケーキとウーロン茶。おやつはホテル内の複数のレストランのメニューから選べるが、糸谷七段は2日・4回とも「なだ万」のものを選んだ。なお抹茶のロールケーキはコースメニューのデザートで、店舗で単品で注文することはできないとのこと)

14時半頃の控室

279

282

(14時半頃の控室。大勢の棋士・奨励会員が訪れている)

277

(平藤眞吾七段)

14時頃の大盤解説会

253

(指導対局をする山崎隆之八段)

259

(室田伊緒女流二段)

269

(大盤解説には畠山鎮七段がゲスト出演している)

273

(大勢の方が会場を訪れている)

棋士が来訪

午後になり、大勢の棋士、奨励会員が来訪しています。

234

(宮本広志四段と斎藤慎太郎五段)

236

(竹内雄悟四段と香川愛生女流王将。竹内四段は糸谷七段と同じく広島県出身、森信雄七段門下)

対局再開(2)

230

(3分ほどして森内竜王が対局室に入った)

233

対局再開(1)

211

(再開前、糸谷哲郎七段が廊下を歩く)

215

(これまで以上の険しい表情になった)

217

224

225

(13時半、対局再開。森内竜王は戻っていない。糸谷七段が74手目△2八金を着手した)

昼食休憩

_73

図の▲5八角に対して糸谷七段が43分考えたところで12時半となり、昼食休憩に入りました。ここまでの消費時間は▲森内6時間21分、△糸谷4時間34分(持ち時間各8時間)。対局は13時半に再開します。

177

(森内竜王の昼食は昨日と同じく、野菜カレー)

180

190

(糸谷七段の昼食は網焼きハンバーガーサンドイッチ)

194

(昼食のメニューはいずれも帝国ホテル大阪2階の「フライングトマトカフェ」のもの)

12時頃の大盤解説会

146_2

(大盤解説会場は既に立ち見が出ている。このあと指導対局のスペースが片付けられるので、まだまだ入場は可能とのことだ)

157

(山崎隆之八段と室田伊緒女流二段のサイン会。サイン会の収益も東日本大震災復興支援金として寄付される)

168

(立会人の桐山清澄九段が大盤解説会にゲスト出演している)

175

(聞き手の村田智穂女流二段)

スイーツ再訪

135

(控室に宮本広志四段が来訪。すぐに兄弟子の畠山鎮七段に誘われて外に出る)

136

(今日は何にしようかな)

140

(シュークリームを手にする宮本四段)

カテゴリ