カテゴリ「第26期竜王戦挑決第1局」の記事 Feed

2013年8月15日 (木)

夜戦

Kifu_50

19時になり、対局再開。森内名人はすぐに△6二銀と指した。以下▲7八金と引き、ぱたぱたと指し手が進み始めた。後手の郷田九段の持ち時間は残り1時間を切っている。

120

両対局者の夕食注文

夕食の注文は郷田九段がうな重(梅)、肝吸い(ふじもと)。森内名人はカレー丼(みろく庵)。

119

124

夕食休憩中の対局室

106

107

108

111

夕食休憩

Ryuou201308150101_49図の49手目▲6六歩の局面で夕食休憩に入りました。消費時間は▲郷田3時間59分、△森内3時間2分。
駒組みが続いています。先手は2七銀をどう使っていくか、後手も攻めの形をどのように整えていくかが課題といえそうです。どこから戦端が開かれるのかも注目です。

ラインの押し上げ

Kifu_45

郷田九段は53分の長考で▲4六銀(図)と上がった。先手は少しずつ駒の位置を調整し、前線を押し上げている。対する森内名人も長考で△7四歩と応じた。
控室の窪田六段が予想していたのは図から△4四歩。以下▲2六銀なら△4五歩と突き、(1)▲3五銀左なら△5四飛(A図)とひらりとかわす。(2)▲3五銀右には△4六歩▲3四銀△4七歩成(B図)と勝負する。

Z06_2

A図では先手は二枚の銀が凝り形。次に△3四歩で銀を取られる手も見えている。

Z07

B図で後手は飛車を取られたものの、盤上の急所にと金を作る手が厳しくお釣りが来るほどだ。先手もこうなると陣形の差がひどい。

本譜の△7四歩は、こうした先手の銀に働きかける順とは方向性が異なる。森内名人の意図はどこにあるのだろうか。

105

「難しすぎて……」

16時50分ごろ、控室に吉田正和五段が訪れた。局面を見て、「難しすぎて」と押し黙る。

104

郷田九段、持ち時間残り2時間を切る

局面の進行はスローペース。郷田九段がたっぷりと時間を使っている。棋譜用紙を見ると、20分以上のまとまった考慮時間が何回も記録されている。消費時間の通計は202分、つまり3時間22分。残りは1時間と38分。18時10分の夕食休憩までに、残り1時間を切ることもあるかもしれない。

102001

タテ歩取りのような金

Kifu_43

森内名人が△7四飛で歩を狙うと、郷田九段は▲7七金(図)と上がって守った。先後を逆にすれば、▲3六飛~▲7六飛のタテ歩取りと部分的には同じ形だ。見ての通り守備側は金が上ずり悪形になる。このことから、ひねり飛車は石田流に「手持ちの歩」と「後手の囲いの弱体化」という要素をプラスした「必勝戦法」として猛威を振るった。しかし時が経つにつれ、「狙われるのなら歩を突かなければいい」という発想が生まれ、対ひねり飛車側は低く堅い陣形を構築できるようになり、ひねり飛車の勝率は落ちて徐々に廃れていった。
本局もひねり飛車を受ける側の陣形がバラバラだが、図で△3四飛には▲4六銀~▲2六銀と二枚の銀を繰り出して位を攻める手段があるため、事情は異なっている。

夏の鳩森神社

090

096

089

093

「狙いがわからない」

14時40分ごろ、控室には渡辺大夢四段が訪れている。あまり見ない局面を前に、「狙いがわからないです」と話す。

100

カテゴリ