カテゴリ「第25期竜王戦決勝トーナメント」の記事 Feed

2012年8月 6日 (月)

激辛流

562005
図は20時過ぎの局面。
△6五歩や△8六歩の攻めもみえるところでしたが、丸山九段は相手の攻めの拠点の3四歩を取りにいく△4五銀と打ちました。丸山九段らしい一手に深浦九段はどう対応するか。勝負どころです。

図の一手前、▲6六歩までの消費時間は▲深浦3時間37分、△丸山3時間58分。
丸山九段は△4五銀に20分少々使っており、残り時間は40分ほどになっている計算です。

20120806mo2015
残り1時間を切った丸山九段側に残り時間早見表が出されている。

本格的な戦いへ

491918_2521922

夕食休憩明け、△4三金右と玉を固めた後手に対して、深浦九段は▲3四銀(左図)と力強く打ち込みました。
そこから△同銀▲同歩△3九角(右図)と進んでいます。
間合いを計りあっていた両者ですが、いよいよ本格的な戦いに突入しました。

183
19時前、西の空は茜色に染まっている。

夕食休憩中の対局室

170

173
夕食休憩中の盤面(手前が先手)。

171
丸山九段の手元にはバナナチップスが。

夕食休憩

471810
18時10分、図の局面で丸山九段が39分使って夕食休憩に入りました。
夕食休憩までの消費時間は▲深浦3時間6分、△丸山3時間53分。対局は19時に再開します。

夕食休憩に入る少し前に、中継室に飯塚祐紀七段が来訪しました。
「難解ながら先手の模様が良さそうです。後手は攻めても切れてしまいそうなところが悩みです。△7五歩▲同歩△3九角はあるのですが▲3八飛から▲3四歩の突き出しが気になります」とのこと。

168
飯塚祐紀七段

夕食注文

夕食の注文は深浦九段は注文なし。
丸山九段は「若鶏の唐揚げ定食(唐揚げ3個増量)」(みろく庵)。

唐揚げ増量という注文は新手と思われます。

Photo_266
若鶏の唐揚げ定食(通常の唐揚げ3個のもの)。

間合いを計る

461700
17時を回りました。
先手陣には△3九角が、後手陣には▲5四歩△同歩▲3四歩△同銀▲7一角の筋があり、互いに馬を作ろうと思えば可能です。しかし両者ともその筋を受けずに「馬を作るならどうぞ」の姿勢で駒組みを進めています。先に攻めると反動が厳しいため、間合いを計っているようです。

△3一玉までの消費時間は▲深浦2時間15分、△丸山3時間14分。

013
△3一玉をみた深浦九段は時間を使っている(写真は朝撮影)。

蝉時雨

将棋会館隣の鳩森神社は、雨があがるとセミが一斉に鳴きだし、蝉時雨となっていました。

164

127

132
ジージー、ミンミン、ツクツクホーシなど様々な鳴き声が降り注いでくる。

158

139
こちらは少し珍しい小型のセミ。ニイニイゼミだろうか。

味わい深い一手

441600
一触即発の緊張感漂う局面で、丸山九段が指した一手はじっと端歩突きでした。
△1四歩までの消費時間は▲深浦1時間47分、△丸山3時間。

―以下棋譜コメントより―
「40分以上使って△1四歩。何とも味わい深い手だ。▲5四歩には△8六歩で反撃する意図だろうか」

119
鳩森神社の黒竹。深い味わいの色味を持っている。

激しさを増す

431510
局面は激しさを増してきました。
先手の指した▲5五歩は、次に▲5四歩△同歩▲3四歩△同銀▲7一角の狙いがあります。後手は受けるのか、攻め合うのか。決断のしどころです。

067
勝負どころを迎えた丸山九段(朝の表情)。

本局の使用駒

本局の使用駒は「久徳作・清安書」。木目は荒柾と呼ばれるものです。

091_2

093

カテゴリ