カテゴリ「第24期竜王戦ランキング戦6組(男性棋士vs.女流棋士)」の記事 Feed

2010年12月23日 (木)

急転

控室では「逆転か」と見られていた▲里見女流三冠-△吉田四段戦が検討されていたが、最終盤の一失で里見女流三冠が負けになってしまったようだ。

215
(▲里見女流三冠-△吉田四段戦を検討中)

216

(文)

里見女流三冠、盛り返したか

20101223_95
▲里見女流三冠-△吉田四段戦は、先手の里見女流三冠が盛り返してきた。控室では「逆転したのでは」ささやかれている。

(文)

永瀬四段、完勝。甲斐女流二冠、及ばず

20101223_92
▲甲斐女流二冠-△永瀬四段戦は、図の△4四銀で甲斐女流二冠が投了を告げた。後手玉に寄りはなく、先手は攻防ともに見込みはない。終局時刻は20時48分。消費時間は▲甲斐4時間57分、△永瀬4時間21分。

176
(終局直後。永瀬四段の顔から笑みがこぼれる)

(文)

伊藤真四段、勝利

20101223_144
▲清水女流六段-△伊藤真四段戦は、図の局面で清水女流六段が投了を告げた。投了以下は▲5五玉△6四銀以下即詰みとなる。終局は20時37分。消費時間は両者ともに4時間59分。

167
(終局直後。大盤解説会場で感想戦を行うため、すぐに移動することに)

(文)

「詰んでもおかしくない」

20101223_137
▲清水女流六段-△伊藤真四段戦はゴールが見えてきた。図の局面は「詰んでもおかしくない」と上野五段が言う。そのうえ先手玉を詰ます必要もないため、どうやら後手が勝ち筋に入ったようだ。

165

(文)

押し引き

20101223_94
▲大石四段-△矢内女流四段戦は、矢内女流四段が玉頭を制圧し、押しつぶすような攻撃を加えている。△7六桂は、銀を逃げればそこで△3五角、ということだろうか。矢内女流四段が攻勢をとっているが、まだ形勢ははっきりしていない。

(文)

里見女流三冠、苦しい展開

20101223_80
▲里見女流三冠-△吉田四段戦は、20時過ぎに上の局面に。検討陣が想定していたのと同じ進行で、牧野光則四段いわく「さじを投げた」局面だという。現状、振り飛車がかなり苦しいようだ。

166
(牧野四段)

(文)

永瀬四段、優位に立つ

20101223_74
▲甲斐女流二冠-△永瀬四段戦は、20時現在で後手よしとの見解。甲斐女流二冠の玉は堅いが、△1五歩が的確に急所をついている。

(文)

混戦模様

20101223_101
▲清水女流六段-△伊藤真四段戦は、清水女流六段よしと見られていたが伊藤真四段が盛り返して混戦模様に。20時現在、すでに両者ともに一分将棋になり、先の見えない戦いになっている。

(文)

大盤解説会、解説者交替

18時40分頃、解説会場では解説者が北浜七段から村山五段へバトンタッチ。

157

159
(村山五段)

162
(斎田女流四段(左)、藤田女流初段(右))

(文)

カテゴリ