カテゴリ「第24期竜王戦七番勝負第5局」の記事 Feed

2011年12月 2日 (金)

追撃する渡辺竜王

Ryuou2011120189 △5七香に▲7四歩と渡辺竜王は追撃。渡辺竜王はまだ3時間弱、時間を残しており、丸山九段は10分ほどしか残っていない。

残り時間が少ない丸山九段は▲7四歩にほぼ間をおかずに△8四角を着手した。

先手勝勢

Ryuou2011120183 ▲2四竜が▲4四銀△3二玉▲2一竜までの詰めろ。控え室では△3四香や△5五角、△3二桂などの受けが検討されているが、先手の攻めが決まっているようだ。「残り30分です……25分です......20分です……」モニターから声が聞こえてくる。丸山九段の持ち時間が減っていく。

【Twitter解説】
「2一の竜は5一の金を釘付けにしていたので、今は動かしがたいかと思っていましたが、これが早い寄せなんですね。
後手は受けて受けて受けて、最後は倒されるという、一番ストレスが溜まりそうな展開になってしまいそうです。次は指すとすれば△3四歩か△3四香か。いずれも辛い一手です。
△3四香や△4四香といった駒の打ち方は、タイトル戦では出来ません。△3四歩▲1三竜△3三香ならまだしも。△5三金は▲5五歩△同銀▲4五桂がぴったり過ぎますし、後手は指す手に窮した感があります」(高橋九段)

Dsc_0999

じっとモニターを見る鈴木大介八段と佐藤和俊五段。

Dsc_1001

午後のおやつ(2日目)

Dsc_0978

Dsc_0983

午後のおやつに渡辺竜王は昨日に続きチョコレートケーキとホットコーヒーを注文。

Dsc_0993

Dsc_0990

丸山九段はバナナとマンゴー、チョコレート(KitKat)を注文。

攻める渡辺竜王

Ryuou2011120181_2 ▲5三歩と渡辺竜王がたたいた局面。
「時間の使い方を見ても渡辺竜王は勝勢と思っているでしょう。正確に指せば先手が勝勢だと思います」と鈴木大介八段。

【Twitter解説】
「▲5三歩。これはもう決めに出た手ですね。対して△同玉と取るか、△4三玉か。いずれにしてもかなり危ない玉形です。どちらの応手にしても、△6六桂が厳しそうです」(高橋九段)

2日目午後、大盤解説会始まる

Dsc_0965

解説は中村修九段。聞き手を務めているのは『将棋世界』記者で読売新聞紙上にも観戦記を執筆している大川慎太郎氏。

Dsc_0970

Dsc_0977

Dsc_0656

大盤解説会では次の一手が出題される。正解者には中村九段、先崎学八段のサイン本や竜王戦記念扇子が賞品として渡される。

2日目13時30分、対局再開(渡辺竜王)

Dsc_0935

Dsc_0944

Dsc_0951

Dsc_0955

Dsc_0959

2日目13時30分、対局再開(丸山九段)

Dsc_0930

Dsc_0947

Dsc_0950

Dsc_0936

両対局者の昼食

Dsc_0919

Dsc_0918

渡辺竜王の注文はカニチャーハン。

Dsc_0902

Dsc_0905

Dsc_0885

丸山九段の注文は中華料理の長富園コースとマンゴー。

昼食休憩に入る

Ryuou2011120172 △5一金に渡辺竜王が26分使って、12時30分の昼食休憩。2日目昼食休憩までの消費時間は▲渡辺4時間12分、△丸山6時間39分。対局再開は13時30分。

12時10分頃の対局室の様子

Dsc_0896

棋譜を手に取って確認する丸山九段。

Dsc_0898

1分ほど棋譜を確認して記録係へ手渡す。

Dsc_0901

△5一金が着手された局面。下が先手の渡辺陣。

写真はすべて控え室にあるモニター映像のもの。

カテゴリ