カテゴリ「第24期竜王戦挑決第3局」の記事 Feed

2011年9月12日 (月)

懐を広げる▲3六歩

2011091271

戦いのなかで玉形を整備する▲3六歩。
△3五桂の筋を消しながら、9一馬の利きを自陣に通しています。

(烏)


21時40分頃の控え室

105

106


久保ペースか

2011091269

図の▲1八香打が好手という評判です。
▲1三銀の打ち込みがあるため、丸山九段は飛車を渡しにくくなっています。

(烏)

20時45分頃

101

2011091265
20時45分頃、しばらく振り飛車持ちの声が多かった控え室ですが、現局面は「難しい」「互角ですか」「そもそもずっと大変だったのでは?」といわれています。

(烏)

20時過ぎの控え室

092

098


095


夕食休憩に入る

2011091251

この局面で夕食休憩に入りました。
消費時間は▲久保3時間18分△丸山3時間36分。夕食の注文は、丸山九段がうな重(松)と肝吸。久保二冠の注文はありませんでした。

080

(烏)

17時半過ぎの控え室

077
(徐々に検討陣が集まってきました)

(烏)


丸山辛抱

2011091246

▲1五歩の端攻めに対し、丸山九段は1時間19分考えて△3二金。以下▲1四歩△1二歩と辛抱しました。
16時半過ぎまでの消費時間は、▲久保2時間41分△丸山2時間33分。

(烏)

攻めが決まっている?

50_2
43手目から△1五同歩▲1二歩△同香▲1一角△同玉▲3三角成△2二飛(A図)の変化は、▲2三馬△同飛▲3四銀で、振り飛車の攻めが続くようです。

また43手目から△6九飛▲7七角△6六歩▲3四銀△同銀▲7八角(B図)は△6七歩成が妙手で後手良しと見られていましたが、△6九飛にはじっと▲6八歩と打ち、△1五歩▲3四銀△同銀▲1二歩(B図)で先手良し。

49_2

控え室を訪れた高崎一生五段は、「なるほど、端で手になっているんですねぇ」と感心することしきり。

074

(烏)

15時過ぎ、久保強襲かける

2011091243

15時過ぎ、久保二冠が▲1五歩と突きました。
△同歩なら▲1二歩△同香▲1一角の筋があります。以下△同玉▲3三角成△2二飛でどうか。

50

ここまでの消費時間は、▲久保2時間40分△丸山1時間13分。
今は丸山九段が長考しています。

(烏)

カテゴリ