カテゴリ「第24期竜王戦決勝トーナメント」の記事 Feed

2011年7月27日 (水)

終局直後(佐藤康九段)

011

017

(烏)

終局直後(深浦九段)

005

007

(烏)

深浦が勝ち上がる

Ryuou20110726201 第24期竜王戦決勝トーナメント▲深浦康市九段-△佐藤康光九段戦は、201手まで深浦九段の勝ちとなりました。
 終局は翌27日、0時9分。消費時間は双方4時間59分。

(烏)

2011年7月26日 (火)

21時前の控え室

018
(控え室のプロ棋士は戸辺六段一人だけ。「棋士はみんな中継を見ているのかな?」)

(烏)

61手目(19時40分頃)

Ryuou2011072661

【61手目・棋譜コメントより】
先手がまずいだろうと書いた方向に進んでしまった。まずい状況なのは深浦ではなく、軽率に判断した記者かもしれない。
しかし△5四角と打たれたらどうするのだろう?
19時40分過ぎ、中継室に戸辺誠六段が訪れた。「怖い局面ですね。△5四角は▲5五馬△4四歩▲5四馬△同歩▲6五飛でどうでしょうか。いま考えていたのは、△6九銀▲6八金右△9七桂(!)という筋です。そこで▲6九金なら△8九桂成~△7七桂打で良し。なので△9七桂には▲同香△7八銀成▲同玉△7七歩でどうかですが、なかなか難しいです。深浦九段の堂々とした姿を見ると、もしかしたら先手がやれるのかもという気になってきました」

夕食休憩

Ryuou2011072652

【52手目棋譜コメントより】
1時間27分の長考で、佐藤は△9三桂と跳ねた。
17時過ぎ、消費時間は▲深浦2時間3分△佐藤3時間47分。
まず考えてみたいのは▲7三角成だろう。これには△9五歩▲同歩△8五桂の要領で攻めが続きそうだ。後手は4五で銀桂を補充できるため、▲8六銀とは逃げにくい。
ならば一球ゆるめて▲8六歩はどうか。△8五歩ならその瞬間が甘いので、▲7三角成△8六歩▲8三歩と飛車を攻める。
このまま動かず、夕食休憩となった。消費時間は▲深浦3時間6分△佐藤3時間47分。食事の注文は、深浦がうな重梅、赤だし(ふじもと)。佐藤は上にぎり(千寿司)。佐藤は昼夜ともに永瀬四段戦と同じ注文となっている。

(烏)


佐藤長考

Ryuou2011072651

 この局面で佐藤九段が考え込んでいます。いま△7五歩▲同歩と突き捨てたところなので、ここで考えるのは変調を思わせます。
 下の写真17時を過ぎたところ。佐藤九段が頭をかいているように見えます。


17


(烏)

昼食休憩中の特別対局室

001
(特別対局室の入り口。奥のふすまは閉められている)

003


004

(烏)

昼食休憩

Ryuou2011072639この局面で昼食休憩となりました。消費時間は▲深浦46分、△佐藤1時間5分。
昼食の注文は、佐藤が冷やし中華(ほそ島や)。深浦はなし。


039

(烏)

38手目まで

Ryuou2011072638

 後手番一手損角換わりとなった本局は、紆余曲折ありながら基本形へと進んでいます。
図の局面は第18期竜王戦第4局の▲木村一基七段(当時)-△渡辺明竜王戦と同一になっています。

(烏)

カテゴリ