カテゴリ「第22期竜王戦挑決第3局」の記事 Feed

2009年9月11日 (金)

その頃、戸辺五段は…

Gazou_137
Gazou_133_6 Gazou_132
2階で村山慈明五段(左)、戸辺誠五段(右)による大盤解説会が行われています。(上)は最前列の少年の質問に、丁寧に答えているところ。こういった場面も解説会の醍醐味のひとつと言えます。

(烏)

戸辺五段指摘の順に

72ryuou20090911夕食休憩後、深浦王位は△5八桂成▲同飛△4七銀と進めました。この順は、後で▲1五飛と走る筋を消しながら先手玉に迫るのが狙い。
戸辺五段が指摘していたのですが、そのときの検討では後手足りないというのが結論でした。

現在は図から▲5一馬△5四歩の順を調べています。

(烏)

夕食休憩

77_2 69ryuou20090911_2 

18時過ぎ。深浦王位が考え続け、どうやらこのまま夕食休憩に入りそうです。検討で有力と見られているのは、△7八桂成▲同玉△4三銀と受けに回る筋ですが、そこで▲3二桂成△同玉▲5一馬△4二歩▲4七金(変化図)と進めて、先手がやや良し。角を攻めた手が、そのまま後手玉の急所をついています。

結局、深浦は1時間9分使って、次の手を指さずに休憩に。消費時間は森内3時間15分、深浦3時間34分。夕食の注文はどちらともありませんでした。

(烏)

検討陣の表情

20090911_takano1 20090911_sato1 20090911_miura1_2

(左から高野五段、佐藤九段、三浦八段)

(銀杏)

佐藤九段を中心にした検討風景

Gazou_127
(16時半頃。対局を終えた三浦八段も加わっています)

(烏)

検討陣から驚きの声

64ryuou20090911飛車取りの▲7一角に対し、深浦王位は△6五桂のタダ捨て!
検討陣は「ひょえー」「ちょ、えー?」と声を上げました。どら焼きに驚いている場合では無いようです。
「ん、そうか。▲6五同歩には△8三飛ですか。いやいやいや、うーん」(佐藤九段)

ここで▲8二角成と飛車を取るのは、△5七桂成▲8七銀△5八成桂▲8八玉△6九銀とされ、△7六桂の筋が残り先手苦戦。
また▲4七金と角に当てるのも、△5七桂成▲4六金△6七桂▲同金△同成桂▲8七銀△4六銀▲8二角成△6八銀で、これも後手に分のある寄せ合いのようです。

(烏)

控え室に「どら焼き」

Gazou_123_2 村山五段とともに大盤解説を務める戸辺五段が、控え室にお土産を持ってきてくれました。

「解説会のお客様からいただきました」(戸辺五段)

ハンバーガーのような迫力に、検討陣から驚きの声が上がりました。

(烏)

控え室に佐藤康光九段

Gazou_111

Gazou_118
(控え室に佐藤康光九段。62手目△4五銀の局面で、「次の一手は…▲6三角でしょうか」。直後に▲7一角が着手され、「私の第一感は筋悪が多いんです」)

(烏)

14時15分ごろの控え室

20090911_hikaeshitsu1_2
(まだ早い時間とあって、人が少ない。しかし、夕方以降は盛況な控え室が見られるのではないか)

20090911_monitor1
(深浦康市王位は長い時間棋譜用紙を見ていた)

(銀杏)

深浦王位の研究通り?

59ryuou2009091114時少し前、深浦王位の手裏剣△8八歩に対し、森内九段はすぐに▲同銀と応じました。
壁形になるので指しにくいですが、代えて▲8八同玉は当たりが強くなります。また▲8八同金はもう一発△8七歩と叩かれて、▲同金△5四角と打つ手が生じます。

この手までの消費時間は、▲森内1時間55分、△深浦47分。時間の使い方を見ると、まだ深浦王位の研究通りに進んでいるように思えます。

(烏)

カテゴリ