カテゴリ「第22期竜王戦挑決第1局」の記事 Feed

2009年8月17日 (月)

20時前の控え室

Gazou_112
5909aug17
「▲5五角は、▲7三角成を見せて厳しい一着。ここの桂を取ってしまえば先手玉に対する脅威が相当に薄れます。▲2二歩の筋は、▲2一歩成△4一玉となった形が甘いと見たのでしょう」(渡辺竜王)

(烏)

19時半ころの検討

5609aug17 6609aug17b

渡辺竜王、北浜七段、松尾七段、佐藤和五段、佐々木五段らの検討では、
左図から▲4四飛△4三銀▲2二歩△4四銀▲2一歩成△4一玉▲4四銀△6六歩▲同歩△6七歩(右図)の順が並べられています。
「△4三銀の局面では、▲2二歩以外に▲7四歩や▲5五歩も考えられるところ。▲2二歩は相手の攻めを見切って、一番強い手と言えます」(渡辺竜王)

(烏)

華々しい応酬

5309aug17 ▲5六歩以下、△7七角成▲6四飛と進みました。この順も検討されていたものの、△7八馬▲同玉△6三銀とされて先手玉が薄く、指しにくいのではという声が出ていました。

ここで△9九馬は、▲6一飛成~▲9一竜で先手良し。松尾七段、佐々木五段らの検討では、△6二飛とぶつける筋を並べています。

(烏)

再開の一手は▲5六歩

Gazou_108森内九段は再開直後に▲5六歩を着手。

「▲5六歩でしたか。これは△7七角成と切って、▲同桂までは行くでしょう」(渡辺竜王)




5109aug17

夕食休憩中

Gazou_103_2 Gazou_100_2

左はここまでの流れを確認する渡辺竜王。右は深浦王位が頼んだものと同じ冷やし中華。

(烏)

夕食休憩

5009aug17 この局面で夕食休憩に入りました。消費時間は森内3時間39分、深浦3時間15分。

対局を終えた渡辺竜王が控え室に。
「どうですか?形勢は。▲5六歩△7七角成には▲6四飛!へえ。現実的には▲1八角でしょうか。しかし△5四歩と近づけて受けてどうか。難しいですね。そうか、だからここで▲2二歩と利かす感じですか。うん、それ以外は考えたくないな。形勢は難しいです」

(烏)

夕食の注文

Gazou_088 Gazou_091 Gazou_093

深浦王位は、みろく庵。森内九段が注文した様子はありませんでした。
※深浦王位は、ほそ島やの冷やし中華。森内九段の注文はありませんでした。

(烏)

意表の銀立ち

4009aug17 角の処置を聞く▲5八飛に対し、なんと深浦王位は△6四銀!と立ちました。

一見すると角が狭くなるので指しにくいですが、対局の息抜きに控え室を訪れた片上六段は「なるほど。▲7五歩には△7六歩▲8八銀△6六歩といった感じで指すのでしょうね。場合によっては△4五歩と、こちらを突くかもしれません」

実戦はすぐに手が進み、▲7五歩ではなく▲5六飛。それに対し△7三桂と、駒を最大限に活用しに行きました。

(烏)

全面戦争へ

3809aug17 3筋を押さえた森内九段に対し、深浦王位は逆サイド7筋から動いていきました。
▲同歩なら△7六歩▲8八銀と壁銀を強要させてから△6四角。次の△7五角が△5七角成の先手になります。

実戦は△7五歩に対し▲5八飛。△5四銀と受けさせて▲7五歩となれば、手順に先ほどの△5七角成の筋を消すことができます。

(烏)

15時前の控え室

Gazou_085

3109aug17 中川七段と瀬川四段の検討。
「後手は△7三角と手放してしまっているからね。自信ないよ」(中川七段)

「そうですね。先手は4九金を6八まで持って行く楽しみがあります」(瀬川四段)

カテゴリ