« 両者の著作 | メイン | 夕食休憩 »

2018年7月31日 (火)

終盤戦へ

41

久保王将が▲6一角を決断し、速いペースで指し手が進みました。△6二飛▲5二角成△同飛▲6三金。

45_2

両取りですが、先手はコビンが開いています。中継室で検討していた中川大輔八段、対局を終えた杉本昌隆七段は、△6五銀▲5二金(▲6五同銀は△3二飛から玉頭を攻められ、先手の左辺の金銀が遊ぶ)△7三角を中心に検討していました。シンプルな王手ですが、先手は持ち駒が飛車だけなので、簡単には受かりません。

48_2

実戦は、▲6三金に△5一飛▲6四金△8二角でした。

48_3

▲5五銀は飛車を生かして△5四歩と狙われます。中継室では、▲7三銀とごつく受けてどうかといわれています。

49

Dsc_2503(対局開始前の久保王将。受ける展開になった)

Dsc_2502(広瀬八段。後手番ながら主導権を握ることに成功した)

カテゴリ