« 夕食休憩時の特別対局室 | メイン | 広瀬八段が手を止める »

2018年7月31日 (火)

鬼辛抱

48_4久保王将がすさまじい辛抱を見せています。△8二角からのコビン攻めに▲5五銀。これは△5四歩で受けになっていないようですが……。

50_3

▲7三桂成△同桂▲4六銀。

53

なんと、桂を成り捨てて角の利きを止め、銀を撤退したのです。先手の頼みの綱は後手の歩切れで、金銀で後手の攻めを押さえ込まないといけません。

広瀬八段は△3五歩▲3七銀上△6一飛▲6四金△6五桂と、先手玉に味をつけながら、攻め駒を前進させています。

58

軽いさばきだけでなく、粘り腰が持ち味の久保王将。しばらくは自陣を見る展開が続きそうです。

Dsc_2488

(対局開始前の久保王将)

カテゴリ