« 広瀬八段が手を止める | メイン | 久保王将の残り時間は5分 »

2018年7月31日 (火)

我慢の応酬から、久保王将が攻める

63_2

▲2六銀の受けに、広瀬八段は△4六角▲同歩△3七銀を見送り、△2四歩と穴熊が弱体化するのを承知で桂にヒモをつけました。久保王将も▲5五歩と角道を遮り、手を渡します。

65

ここから△9三角▲4三金△6三飛▲3二歩△4一金▲4四金△5六歩と進みました。

72

先手は3二の歩を利かしましたが、後手は角を攻め、飛車を三段目に働かせて受けに使うことができました。そして、最後の△5六歩でと金攻めが着実です。

先手は受けが難しいので、久保王将は穴熊に襲いかかります。△5六歩に▲2五銀△同歩▲3四桂△3二金▲2二桂成△同金▲3三歩。

79

桂を食いちぎり、その桂で穴熊の銀をはがして、▲3三歩とプレッシャーをかけました。△3三同桂は▲3四歩、放置すれば▲3一銀と食いつきます。先手は△5七歩成を間に合わせないように追い込まないといけません。

カテゴリ