« 2018年6月 | メイン

2018年7月の記事

2018年7月13日 (金)

千駄ヶ谷を歩く

Dsc_0056(東京・将棋会館から明治通り方面に歩く。出前でおなじみのうなぎのふじもと)

Dsc_0064

Dsc_0069(今日の東京はギラギラとした太陽が照りつけている)

 

12時40分、対局再開

Dsc_0088

Dsc_0090(手番の千葉七段は眉間に深いシワを寄せて盤面を見る)

Dsc_0098(千葉七段の着手を待つ深浦九段。表情は厳しい)

 

昼食休憩中の特別対局室

Dsc_0073

Dsc_0075(先手から見た盤面。再開後に何が指されるか)

Dsc_0079(居玉の深浦玉)

Dsc_0081
 

昼食休憩

30

△2二角に千葉が10分使って昼食休憩。消費時間は▲千葉七段1時間14分、△深浦九段34分。対局は12時40分に再開される。
昼食の注文は、千葉七段が「チキンカツ丼+みそ汁」(ふじもと)。深浦九段の注文はなかった。

Dsc_0060(写真左がとんかつのふじもと。右は将棋会館の出前でおなじみの千寿司)

 

千葉七段が動く

19

図は10時47分、先手の千葉七段が▲3五歩と動いた局面。▲3五歩は25分の考慮だった。玉の囲いに手数を掛けず、積極的な印象で、練りに練ってきたのだろう。素早く動いた先手に対して、後手がどう応じるのか。

Dsc_0035(11時前から駒がぶつかった。果敢な動きは実るのか。写真は開始前、気息を整える千葉七段)

 

開始前の特別対局室

Dsc_0002(開始前、懐中時計のチェーンを巻く深浦九段)

Dsc_0007(駒袋を開ける前に、深浦九段は左腕で指す旨を千葉七段に告げる。負傷していた右腕はまだ完治していないようだ)

Dsc_0018(駒を並べる千葉七段)

Dsc_0031(深浦九段の振り歩先で振り駒。と金が3枚出て、千葉七段の先手に決まった)

 

対局開始

Dsc_0037(定刻の10時、一礼して対局が開始された)

Dsc_0040(先手番に決まった千葉七段。初手▲2六歩を着手する)

Dsc_0043(2手目△3四歩を指す深浦九段)

Dsc_0047(▲2六歩△3四歩と2手進んだ対局室の様子)

 

まもなく対局開始

第31期竜王戦(主催:読売新聞社、特別協賛:野村證券)決勝トーナメント、深浦康市九段(2組2位)-千葉幸生七段(3組優勝)戦は7月13日(金)東京・将棋会館「特別対局室」で10時に開始されます。
持ち時間は各5時間。先後は振り駒によって決定されます。
本局の勝者は、4強入りを懸けて1組2位の豊島将之八段と対戦します。

中継は棋譜コメント入力が睡蓮、ブログを吟が担当します。どうぞよろしくお願いいたします。

【読売新聞(YOMIURI ONLINE)】
http://www.yomiuri.co.jp/

【野村證券】
http://www.nomura.co.jp/

本局は将棋プレミアム、AbemaTVで生中継されます。

将棋プレミアムは中継は対局開始から、解説は16時開始予定。解説者は金井恒太六段、聞き手は高浜愛子女流2級。
【将棋プレミアム】
http://www.igoshogi.net/shogipremium/live/live_info.html?live_id=d2c9d28b3f2d0a2af08954381a640ea9

AbemaTVの解説は高野秀行六段、西尾明六段、門倉啓太五段、聞き手は貞升南女流初段、中村桃子女流初段。
【AbemaTV】
https://abema.tv/channels/shogi/slots/DMJT2KCieMHbtB

2018年7月11日 (水)

感想戦

感想戦は約20分で終わりました。佐藤九段は序盤の見落としが響いたようです。

Dsc_2244

Dsc_2247

Dsc_2250


次回の中継は7月13日(金)、深浦康市九段(2組2位)-千葉幸生六段(3組優勝)戦です。そちらもお楽しみに。

終局直後

Dsc_2229(快勝した増田六段)

Dsc_2239(力を出せなかった佐藤九段。途中で2時間越えの大長考をするも、苦戦を意識していたという)

カテゴリ