« 2018年6月 | メイン

2018年7月の記事

2018年7月18日 (水)

久保利明王将(1組4位)-増田康宏六段(4組優勝)戦

第31期竜王戦(主催:読売新聞社、特別協賛:野村證券)決勝トーナメント、久保利明王将(1組4位)-増田康宏六段(4組優勝)戦は7月19日(金)に関西将棋会館4階「水無瀬の間」で10時に開始予定です。
持ち時間は各5時間。先後は振り駒によって決定されます。
本局の勝者は挑戦者決定三番勝負進出を懸けて、1組優勝の広瀬章人八段と対戦します。

中継は棋譜コメント入力が虹記者、ブログを潤が担当します。どうぞよろしくお願いいたします。

【読売新聞(YOMIURI ONLINE)】
http://www.yomiuri.co.jp/

【野村證券】
http://www.nomura.co.jp/

本局は将棋プレミアムで生中継されます。中継は対局開始から、解説は16時開始予定。解説は金井恒太六段、聞き手は貞升南女流初段です。


【将棋プレミアム】
http://www.igoshogi.net/shogipremium/live/live_info.html?live_id=8cd9b25801d7825575505a2ac21b9d7e

2018年7月13日 (金)

感想戦(2)

Dsc_0148

Dsc_0152

Dsc_0163

次回の決勝トーナメント中継は、7月19日(木)、久保利明王将(1組4位)-増田康宏六段(4組優勝)戦です。どうぞお楽しみに。

感想戦(1)

Dsc_0129(終局後、すぐに感想戦が始められた)

Dsc_0132(駒得からリードを広げた深浦九段)

Dsc_0140_2(初の決勝トーナメント進出。深浦九段を相手に、序盤から積極的に動いていったが……)

Dsc_0144 

深浦九段が制す

82

82手で深浦九段が制しました。終局時刻は19時38分。消費時間は、▲千葉七段4時間22分、△深浦九段3時間20分。勝った深浦九段は次戦で1組2位の豊島将之八段と戦います。

深浦九段、寄せにいく

72

図は△7七銀と深浦九段が打った局面。将棋プレミアムの金井六段は「手堅い深浦九段が打っていったということは……」と話す。後手玉は飛車や金を渡さなければ、まだ大丈夫だ。深浦九段が優勢から勝勢という局面だ。

夕方の千駄ヶ谷

Dsc_0111(両対局者が夕食に注文したほそ島や)

Dsc_0116(夕方の鳩森八幡神社)

Dsc_0119 

夕食休憩に入る

64

△6四歩に千葉七段が16分使って夕食休憩に入った。消費時間は▲千葉七段4時間7分、△深浦九段2時間46分。夕食の注文は深浦九段が「冷中華」(ほそ島や)、千葉七段が「冷きつねうどん」(ほそ島や)。対局は18時40分に再開される。

Dsc_0052_2(両対局者の盤側には、今期竜王戦を協賛する(株)明治のヨーグルトドリンク[R-1]が置かれている)

 

後手がペースを握る

59

図は千葉七段が▲8七歩と打った局面。▲角△飛銀の交換で後手が駒得になった。後手がペースを握ったと見ていいだろう。

Dsc_0033(写真は朝の深浦九段。目を閉じて気息を整えていた)

 

感触のよさそうな手

48

図は△7七同角成▲同桂に△4六歩と突いた局面。△4六歩に▲同飛は△5五角がある。▲同歩は△8六歩から△7六歩の筋がある。△4六歩は感触のよさそうな手と評判だ。先手の千葉七段は△4六歩にどう応対するか。

Dsc_0096(△4六歩で敵陣を崩しにいった深浦九段)

 

2階道場

Dsc_0105(本日の2階道場の師範棋士は武市三郎七段)

Dsc_0108(武市七段の指導には定評がある)

 

カテゴリ