« 羽生棋聖が3勝目を挙げる | メイン | 大盤解説場に登壇 »

2017年11月24日 (金)

終局直後

20171124imgp1696(勝った羽生棋聖は復位まであと1勝)

【羽生棋聖のインタビュー】

――総括をお願いいたします。

羽生 序盤からずっと微妙な形勢が続いていたような気がしていました。
似たような将棋を昔、指したことがあるんですけど、この形は初めてだったので、
手探りで指していました。

――封じ手の局面のあたりはいかがでしたか。

羽生 かなり漠然とした局面なので、先の展開がずっと見えないような。ただ、こちらはゆっくりできないので攻めていったんですけど、ちょっと細いかなと思いながら指してました。

――控室では△3四角と打ったあたりから徐々にペースなったのではないかといわれていました。
 
羽生 ▲7七歩を打たれたあたりの局面は自信がなかったですが、難しいとは思いますが、はっきりしない展開だったと思います。

――勝ちを意識されたのは。

羽生 最後の最後ですね。

――永世竜王および永世七冠に王手という形になりましたけど。

羽生 全力で指すことに変わりはないですし、いいコンディションで臨みたいと思います。

20171124imgp1697(敗れた渡辺明竜王はカド番に追い込まれた)

【渡辺竜王のインタビュー】

――この一局振り返っていかがですか。

渡辺 あまり例がない将棋だったので序盤は難しかったですね。

――封じ手の▲2四歩を突かれたあたり、強気に見えたと控室ではいわれていました。

渡辺 代案が分からなかったので様子を見たというか、どう指されても大変だと思いました。

――1勝3敗でカド番になりましたが、第5局に向けてどのように臨まれますか。

渡辺 粘り強く指せるよう、頑張りたいと思います。

20171124imgp1698 (インタビューに答える羽生棋聖)

カテゴリ