« 2017年7月 | メイン | 2017年9月 »

2017年8月の記事

2017年8月25日 (金)

感想戦(2)

Dsc_0233 (感想戦でじっと盤を見る松尾八段)

Dsc_0248_2

Dsc_0230

Dsc_0255

Dsc_0232
本局の中継は以上で終了します。決着局になる第3局をお楽しみに。ご観戦ありがとうございました。
 

感想戦(1)

Dsc_0204 (主催紙インタビューのあと、感想戦が始まった)

Dsc_0224 (勝って第3局に持ち込んだ松尾八段)

Dsc_0215 
   

終局直後

Dsc_0196

Dsc_0175

Dsc_0184

―― 本局を振り返って。

松尾 夕食休憩のところはちょっと苦しいというか、不利かなと。7筋から攻める
感じになって難しくなってきたかなと。自信がなかったですけど。

―― よくなったと思ったのは。

松尾 ずっとわからなかったですが、最後は詰みが見えたので。そこまでは難しいと
思っていました。

―― 第3局に向けて。

松尾 今まで通り、やるべきことをしっかりやるということですね。

Dsc_0203

―― 本局を振り返って。

羽生 ちょっとよさそうな感じもあった気がしたのですが、まとめかたがわからなかったですね。
7筋を攻められて応対を誤った気がします。

―― 第3局に向けて。

羽生 いいコンディションで臨みたいと思います。

 

松尾八段が勝ち、タイに

Ryuou20170825010189
第2局は、松尾八段が勝ちました。終局時刻は21時42分。消費時間は、▲松尾4時間39分、△羽生4時間55分。
挑戦者決定三番勝負は松尾1勝、羽生1勝のタイになりました。第3局は9月8日(金)に行われます。

先手優勢

72図は△7七との局面。ここから一直線に攻める▲7三歩成△8七飛成▲7二と△6七と▲4九玉で△2八成香と必至を掛けるのは、▲6二と△4二玉▲5一角△3一玉▲4二金から後手玉が詰む。

Dsc_0092 (松尾八段が優勢との評判。第3局が濃厚になってきた)
 

終盤の対局室

Photo (64手目△7三歩を着手する羽生三冠。残り時間は▲松尾八段33分、△羽生三冠28分)
 

20時すぎの控室

Dsc_0169 (将棋プレミアムで解説を務める近藤誠五段と聞き手の貞升女流初段も控室を訪れている)

Dsc_0171 (佐藤紳七段と高野六段が継ぎ盤を挟む)
 

指し手が進む

56△2四香と羽生三冠が打った局面。控室の佐藤紳七段は「▲7六飛△2九香成は▲6六桂が痛そうだけどなぁ」と話す。鈴木九段も「桂を打たれたときにどうするんだろう」と口にしている。

Dsc_0106 (どこで松尾八段に反撃の手番が回ってくるのか)
 

夕食休憩中の対局室

Dsc_0165 (先手の松尾八段が▲6五桂と跳ねた局面で夕食休憩)

Dsc_0167 (対局室の外も少し暗くなってきている)
 

夕食休憩

47▲6五桂に羽生が13分使って夕食休憩。消費時間は▲松尾八段3時間43分、△羽生三冠3時間11分。対局は18時40分に再開される。

Dsc_0156 (松尾八段の夕食の注文はほそ島やの親子南蛮うどん)

Dsc_0153 (羽生三冠の夕食の注文はふじもとのロースカツ定食ライト)

Dsc_0162 
夕食も対局者と同じものを注文して撮影しています。

カテゴリ