« 薩摩伝承館(3) | メイン | 息詰まる終盤戦 »

2016年11月22日 (火)

受けの勝負手

61図は16時25分頃の局面。
丸山九段が角切りの強襲に出た当初は、控室の検討陣は「後手の攻めは無理ではないか」との見解を示しました。しかし、数手進んだところでは、後手の攻めが続く変化が多く見つかるようになり、後手持ちの声が多くなっています。
図の▲6六桂は、そんな中で指された反撃含みの受け。平凡な受けではしのげないと見たのでしょう。受けの勝負手といえそうです。

Img_843616時半過ぎ、山の向こうに日が沈もうとしている。

カテゴリ