« 2016年9月 | メイン | 2016年11月 »

2016年10月の記事

2016年10月28日 (金)

鈴木八段がニコニコ生放送に電話出演

16時50分ごろ、鈴木八段がニコニコ生放送に電話出演しました。ニコニコ生放送解説の北浜健介八段と情報交換しています。

20161028_suzuki2

20161028_suzuki3 (モニターを見ながら北浜八段と変化を検討する)

16時40分ごろの対局室モニター

20161028_monitor1 (残り30分を切った丸山九段が額に両手を当てる)

16時15分ごろの控室

20161028_hikaeshitu6 (難しい局面に検討陣も考え込む)

20161028_hikaeshitu7_2 (中央で検討を見つめるのはフリーアナウンサーの永田実さん。囲碁・将棋チャンネルの「月刊竜王戦」で司会を務めている)

攻め合いに

20161028k

15時50分ごろ、丸山九段は1時間59分の長考で△2六歩と打ちました(上図)。竜王戦七番勝負では第8期第1局▲佐藤康光前竜王-△羽生善治竜王(肩書はともに当時)戦の25手目▲3五歩に2時間36分の長考などの記録があります。
20161028l

実戦は△2六歩から▲同飛△2五歩▲2九飛△8六歩▲同歩△8七歩(下図)と進みました。丸山九段は先手の飛車の利きを止めてから反撃。局面は攻め合いになりました。

検討進む

20161028h_2

図の67手目▲5二との局面で丸山九段は1時間40分以上考え、残り時間は1時間を切りました。有力なのは△2六歩▲同飛△2五歩▲2九飛に(1)△2二玉。しかし、▲4九飛△2四馬▲4四歩△同歩▲3五銀(参考図)でどうか。参考図で△3五同歩は▲4四飛が馬金両取りです。
そこで、▲5二と△2六歩▲同飛△2五歩▲2九飛に△8六歩▲同歩△8七歩の攻め合いも調べられています。後手の手が広い局面といえます。



20161028i



20161028j



20161028_maruyama7(熟考する丸山九段)

2日目午後のおやつ

15時になり、2日目の午後のおやつが出されました。渡辺竜王はモンブランとカフェラテ。丸山九段はガトーオペラ、アイスティー、カロリーメイトのドリンク3本(コーヒー味)。

20161028_oyatu3 (渡辺竜王のおやつ)

20161028_oyatu4 (丸山九段のおやつ ※カロリーメイトのドリンクは、対局室で準備されたものが出されました)

14時45分の控室

20161028_hikaeshitu5 (大盤解説会の休憩中に中村太六段が継ぎ盤に加わる)

20161028_fukuro (フクロウのぬいぐるみ。箱根ホテル小涌園のイメージキャラクターは藤田福郎と藤田旅子。「藤田福郎と旅子のほのぼのブログ」でホテルの情報を更新している)

楽しみの多い長考

20161028h

図は67手目▲5二とまで。後手が十分と見られています。△2六歩▲同飛△2五歩と「連打の歩」で飛車の利きを止めるか、単に△2五歩で節約して利きを止めるか。丸山九段が長考しています。
大盤解説会で中村太六段は「苦しんでいるのでなく、楽しみの多い長考」と話します。

20161028_hikaeshitu4 (控室では森内九段と鈴木八段が検討)

20161028_ooban4 (大盤では中村太六段、山口恵女流二段が解説)

20161028_ooban3 (中村太六段)

20161028_ooban2 (中村太六段と山口恵女流二段がモニターで対局者の表情をうかがう)

対局再開

20161028_maruyama4 (13時29分に入室した丸山九段は棋譜を借りる)

20161028_maruyama5

20161028_watanabe3 (渡辺竜王は13時36分ごろ入室。渡辺竜王の対局室入りが対局再開から5分以上遅くなったのはやや珍しい)

昼食休憩時の対局室

20161028_hiru4(後手側から見た昼食休憩時の盤面)

20161028_hiru6 (手書きとタブレットで棋譜を取る)

20161028_hiru5 (対局室からの風景。現地は11時ごろから雨が降っている)

カテゴリ