« 終盤の対局室 | メイン | 丸山九段 一分将棋に »

2016年7月29日 (金)

間に合うか▲7四歩

__kifu_for_windows_pro_v6_64_06__11図の▲7四歩が着手されると将棋プレミアム解説の佐々木慎六段は思わず大盤を覗き込む。「▲7四歩は後手に何か指させて指すということですね。たとえば、△8八金なら金が質になったので、そこで▲6四馬と引くとか。シフトチェンジするんですね」と解説している。
▲7四歩は▲7三歩成の狙いもあるが、後手に手を渡すのが真の狙いのようだ。

Dsc_0014 (忙しい終盤で、▲7四歩とじっと手を渡した丸山九段)
 

カテゴリ