« 深浦九段 懸命の追い込み | メイン | 激戦続く対局室 »

2016年7月29日 (金)

相入玉の可能性

__kifu_for_windows_pro_v6_64_06__15お互いに上部が広くなった。相入玉の可能性もある。後手は3三の角が取られそうなので、佐々木慎六段は「先手の勝ちか引き分け(持将棋)です」と話している。
すごい勝負になった。まもなく時刻は23時、手数は150手になろうとしている。

 

カテゴリ