« 2015年11月 | メイン | 2016年6月 »

2015年12月の記事

2015年12月 3日 (木)

東京・将棋会館 大盤解説会

A056 (東京にいる記者より、東京・将棋会館での大盤解説会の写真が届きました)

A051 (解説は鈴木大介八段)

A064 (聞き手は安食総子女流初段)
 

先手リードを広げる

__kifu_for_windows_pro_v6_63_23___5 図は▲9九銀打△3七歩成▲同金と進んだ局面。モニターを見る飯塚七段は「先手は角を取って▲6一角が狙いです。着々と先手がリードを広げていますね」と話す。

Dsc_0265 (竜王復位へ向けてリードを広げる渡辺棋王)
 

 

2日目 16時30分の控室

Dsc_0626 (16時30分の控室。局面も終盤、控室の熱も急上昇だ)
 

渡辺棋王長考

Dsc_0623 (△5五角に長考の渡辺棋王。考え続ける渡辺棋王を映し出すモニター)

Dsc_0625 (朝は曇っていたが、現在の甲府市は青空だ)

 

先手優勢

__kifu_for_windows_pro_v6_63_23___3 図は3七の桂と9九の香を狙って△5五角と打った局面。継ぎ盤を見る中川八段は「▲3一竜もあるし、▲3六歩もありそう。先手が優勢から勝勢という局面だね」と話す。渡辺棋王が竜王復位に近づいているようだ。
■ニコニコ生放送■
郷田真隆王将>やはり△4七角成では危ないとみて、安全にいきました。角が7四にいたままなら▲4一竜がありません。△5五角は、先手から▲5五桂と打つ手も消しています。次は▲3一竜か、▲3六歩△同銀▲3五桂もあるかもしれません。

Dsc_0622 (飯島七段が中心となり、継ぎ盤が動く)

Dsc_0618(継ぎ盤を動かす飯島七段と検討を見る中川八段)
 
 

2日目 午後のおやつ

Dsc_0610 (糸谷竜王の注文はモンブラン、フルーツ盛り合わせ、オレンジジュース)

Dsc_0616 (渡辺棋王の注文はモンブラン、アイスカフェオレ)
 

常磐ホテル内を歩く

Dsc_0598 (米長邦雄王将、大山康晴名人、升田幸三八段の色紙が並ぶ。升田幸三実力制第四代名人が八段という肩書きが珍しい)

Dsc_0599

Dsc_0602 (常磐ホテルでは将棋だけではなく、囲碁のタイトル戦も数多く行われている。将棋では10月26日に行われた王座戦が記憶に新しい。竜王戦が山梨県で行われるのは本局が初となる。読売新聞は囲碁では棋聖戦を主催している。今年の2月には囲碁の第39期棋聖戦、井山裕太棋聖-山下敬吾九段戦も行われた)

14時すぎの大盤解説会場

Dsc_0585 (カロリーナ・ステチェンスカ女流3級が大盤解説にゲスト出演)

Dsc_0589 (最後に今後の抱負を聞かれ「昨日のデビュー戦(女流名人戦、対山口恵梨子女流初段戦)は負けてしまったのですが、次に生かせるように頑張ります」と話した)

Dsc_0596 

14時ごろの控室

20151203_hikaesitu (常務理事の中川大輔八段が控室へ。モニターを見て、飯塚七段と検討する)

カロリーナ・ステチェンスカ女流3級が来訪

Dsc_0551 (山梨学院大学の学生でもある、カロリーナ・ステチェンスカ女流3級が来訪)

Dsc_0554 (継ぎ盤を前に笑顔を見せる)
 

カテゴリ