« 関西将棋会館より | メイン | 粘るか、食いつくか »

2015年11月 6日 (金)

流れが揺れる

20151106_97渡辺棋王が堅陣を生かして攻めますが、ここで△6九銀の反撃が「意表を突かれました」と検討陣。少し前の局面で「後手が投了級です」との見解を示していた船江五段は、このタイミングの反撃で「急に先手を持ちたくなくなりました」とのこと。突然詰む形になりやすいこと、△7八銀成▲同玉△7七歩▲同金の変化になれば3五馬を追いにくくなること(たとえば△4五馬が王手)、これらが懸念材料だそうです。

P1300683_hikae_hunae

P1300688_hikae_kubo (「▲4六桂が、意外と利いていないのでは」と久保九段)

カテゴリ