« 露骨な打ち込み | メイン | ついに攻め合いへ »

2013年11月 8日 (金)

17時20分の大盤解説会

20131108_f2 (17時ごろからは中田功七段と村山六段が担当している)

20131108_f1

20131108ryuou_90村山「△7七歩が嫌で、▲7八竜では▲5七竜かと思っていました」
大盤で▲7七同銀△7六歩▲8八銀△7七金▲同桂△同歩成▲同銀△7六歩(参考図)が示されます。後手は無理やりに桂を取って△6六桂の王手竜取りを楽しみにしています。
中田「△7七金はなかなか気づきにくい攻めですね。先手の駒の方が利いている場所ですから」
村山「▲7七同銀△7六歩▲8八銀に△6六金もありますね」
△6六金には▲2五歩と攻め合ってどうかを解説していました。実戦も△7七歩から▲同銀△7六歩▲8八銀△6六金▲2五歩と進行。約30手ぶりに森内名人が攻めました。

20131108ryuou_sanko5

カテゴリ