« 東京・将棋会館大盤解説会 | メイン | 再び先手が優勢に »

2013年10月18日 (金)

持将棋の可能性

125
後手玉の上部もかなり厚くなってきた。あとは入れるかどうか。鈴木八段は継ぎ盤の点数を数え始めている。入玉を視野に、互いの残り時間は5分を切っている。▲8三歩成に時間を使った渡辺竜王、1分将棋になった。

Dsc_0754 (時刻は19時を回った)

カテゴリ