« 大盤解説会場 | メイン | チャンスを狙う羽生名人 »

2010年12月15日 (水)

後手優勢

Ryuou20101214136

図は渡辺竜王が△5七とと寄った局面。

「手堅く△5七とでしたか。うーん、相当に先手が
勝つ理屈が無いですね」(鈴木八段)。

「△5七と(△7七角成▲同玉△6六銀以下の詰めろ)
▲6九香△4六角(△7九金以下の詰めろ)ですが、▲
8六歩と上部脱出を目指されてしまうかもしれないので、
角を5五に置いたまま詰めろを続けたいですね」(野月
七段)。

控室の雰囲気はどうやら渡辺竜王防衛の空気が色濃く
なってきた。

(吟)

カテゴリ