« 「よくわからない」局面、難所を迎える | メイン | 20時30分頃の対局室 »

2010年8月16日 (月)

検討が進む。やや居飛車が指せそうか

20100816_61
20時10分頃の局面。控え室には次々と棋士が集まってくる。日浦市郎八段、藤倉勇樹四段、佐々木慎五段が新たに姿を見せた。検討が進み、「居飛車がやれるのではないか」という評判が高まっている。

072
(パソコンで棋譜を確認する藤倉四段(左)、瀬川四段(右))

075
(佐々木五段。「2筋の歩が切れて逆襲もできますし、居飛車が少し指せそうです」)

074
(検討の輪。佐々木五段(左)、藤倉四段(中央)、西尾五段(右))

(文)

カテゴリ