« 自宅解説・大野八一雄七段の感想 | メイン | ご観戦ありがとうございました »

2009年11月11日 (水)

自宅解説・安用寺孝功六段の感想

Photo

本局、一番のインパクトは96手目△7九銀(図)です。
 寄せに入る場合、銀、桂、歩と持っているなら、普通銀はとどめに残し、桂と歩で何か手を作ってと組み立てるのがセオリーです。△7九銀は全くの逆ですし、しかも自玉が裸ならなおさらです。3三角が迫っているうえ、さらに銀を渡してしまいます。そんな状況でこの一気の寄せはすごいとしか言いようがありません。部分的に筋は見えたとしても、この局面では・・とつい打ち切ってしまいそうです。さすがの森内九段もこの銀打ちには一発KOだったのではないでしょうか。
 玉の堅さに差があり先手有望かと思ってましたが…。竜王の正確な読みには脱帽です。
 森内九段は追い込まれましたが、去年の再現なるか…。3連敗3連勝の最終局まで楽しめることを期待したいです。

(安用寺孝功六段)

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

カテゴリ