« 終局直後の談話 | メイン | 感想戦での両対局者 »

2009年10月29日 (木)

自宅解説棋士の感想

【飯塚祐紀七段】

Ryuou20091028_iiduka 私が本局で印象に残った手は71手目▲1八飛です。角を切った直後だけに、落ち着き払った飛車の動きが目をひきました。基本手筋なのですが、同時中継で観戦していると意外感がありました。ここでは▲3五香△同銀▲同銀△2二玉▲2四歩かな、と見ていてこの変化も難しいと思うのですが、竜を確実に作る手の価値を高く見たわけです。△2二金▲1四歩△2五桂▲1三歩成△同歩▲同飛成があるので、
1筋は必ず破れます。この周辺の形勢判断については後手の中央の厚みをどう評価するかで変わってくるのですが、あとから思えば優れた判断だったと思います。結果は何より雄弁です。細かい攻めをつなぐ技術はさすが竜王ですね。竜は最後まで1八から動きませんでしたが、攻めの主軸であったことは間違いありません。

【佐藤天彦五段】

Ryuou20091028_satou 私は83手目で▲7五歩と打ったのが印象に残りました。矢倉戦ではB面攻撃は常に視野に入れるべきですが、このタイミングでは気が付かなかった。△8四飛の局面で▲74香は誰でも見えますが、▲7五歩を打つところからしっかり読むのは大変。部分的に非常に珍しい筋で、仮に見えたとしても無意識に却下してしまいそうな順だからです。ここは右辺に目が行きがちなところで、僕は▲3四歩から激しい変化を考えていました。こちらも際どかったはずです。ただ、本譜は自陣の囲いを崩さず、実戦的な勝ちやすさを重視する渡辺竜王好みの展開。渡辺竜王も確かな自信があって打ったわけではなかったかもしれませんし、その後も難解でしたが、らしさが出た指し回しだったと思います。

【吉田正和四段】

Ryuou20091028_yoshida 序盤は珍しい出だしから脇システムに誘導して、新手も指した森内九段のペースになったと思っていました。
しかし、57手目▲1三歩は気付きにくい手で、これからは渡辺竜王が大きな駒損で形勢は難解とはいえ、一方的に攻める将棋になったのが勝因だと思います。


(銀杏)

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

カテゴリ