« 15時頃の大盤解説会場 | メイン | 16時頃の控え室 »

2008年12月 5日 (金)

[91手目]それぞれの寄せ方の一例

081204_91_2いよいよ終盤戦に差し掛かってきました。
後手玉は▲6三銀成のあと、飛車が入れば▲3二成桂△同玉▲2二飛△4三玉▲2三飛成△3三銀▲3四金△4二玉▲3三龍以下の即詰みが生じます。どこかで▲8三香と打っていく手もあります。
先手玉は△4八飛(△5八飛)のあと、△6六歩▲同金(▲6八金引は△2二金▲同と△7六桂がある)△7七歩▲同桂△7六歩が寄せの一例。
ただ△4八飛だと▲7五角が、△5八飛だと▲6八金引が飛車取りになるネックもあります。

( 翔@白浜)

カテゴリ