« 15時頃 | メイン | [54手目]駒がぶつかる »

2008年12月 4日 (木)

[48手目]▲6六銀と▲5七角の2択

081204_48 久保八段に48手目の局面を解説していただきました。
「過去の例では(1)▲5七角と(2)▲6六銀が指されており、本局もこのどちらかだと思います。
 (1)▲5七角には△6四歩か△8四角。△8四角▲同角△同飛とお互い角を手持ちにすると、千日手になりやすく、渡辺竜王も過去に先手を持って千日手を経験しています(2003年の王位戦・森内現九段戦)。
 (2)▲6六銀は、渡辺竜王の棋風的には指さないような気がします。▲6六銀には△4五歩が多いですね。以下▲同桂△同桂▲同銀△5三桂で銀損になるんですが、この場合は桂馬を5三に使わせているので、それほど損ではないですね」

081204_48_2 「▲3四銀△同金▲5五歩(参考図)で角道を止めてから▲3五歩と突いて、何か取り返せそうな形です。
 (1)▲5七角に△4五歩は、▲6六角と覗く筋がある(2二玉をにらんでいる)ので指しづらいです」

081204_48_2_2 「(2)▲6六銀に△2一玉(参考2図)と引いたのが最新の実戦例で、後手は宮田敦史五段でした。先手がゆっくりしていると△3一銀と引いて堅いですね。▲5五歩や▲7五歩として動いていきたいです」

081204_46_4 「46手目の△3三桂は、戻れない駒なので跳ねづらいですが、こちら(右辺)を受け止めてしまえば、ということですね。▲2五歩を△同桂と取れるようにもなっています。桂馬を跳ねると進展性がなくなるということもありますけれども、参考2図の△2一玉は進展性を求めた手と言えるかもしれません。
 封じ手まではあと2~3手進むのではないでしょうか」

(翔@白浜)

カテゴリ