« 2008年11月 | メイン | 2009年8月 »

2008年12月の記事

2008年12月24日 (水)

「永世竜王」誕生 【梅田望夫】

Dsc_0203  渡辺明竜王(24)に羽生善治名人(38)が挑戦する第21期竜王戦七番勝負は、羽生名人三連勝のあと渡辺竜王三連勝で最終局を迎えた。一局の将棋に両者の「永世竜王」称号がかかり、なおかつ羽生が勝てば「永世七冠」、渡辺が勝てば「史上初の三連敗四連勝」がかかるという、百年に一度あるかどうかの歴史的な対局となった。将棋の町・天童での激戦の末、渡辺竜王が大逆転防衛で初代「永世竜王」に輝いた。
 私はウェブ観戦記を書くために本シリーズ第一局が開催されたパリに赴いた。そこで私は、羽生の怖しさを見た。対局者である渡辺自身を含む棋士の誰もが「渡辺必勝」と断ずる局面に羽生はあえて誘導した。羽生だけがその局面を有利と判断し、その大局観の正しさを圧勝によって証明したのだった。終局後のパリのカフェで、
 「僕の将棋観が根底から覆されたんだ。僕だって読めていた手、でも初見で捨てた手、僕にとっていちばんあり得ない手が最善手だった。僕の将棋観が否定されたんです」
と語る渡辺の悄然とした姿を見つめながら、羽生が狙いすまして渡辺の急所をざっくり斬ったのだ、私はそう思った。
 「シリーズ中盤でこれをやられていたら、もう終わりだったですよ。第一局でよかったと思わなくちゃいけませんね。立て直せる時間があるかもしれない」
 パリでの別れ際に渡辺は私にこう言った。
 それから二ヶ月。第一局の衝撃の余波もあって三連敗を喫した渡辺だったが、第四局からは強靭な精神力で復活し、新境地の将棋を指した。どん底の状態に置かれたときに自らの回復までの時間を正確に推定し、言葉通りに将棋を立て直し「復活の四連勝」で竜王位を防衛した渡辺は、本当に見事だった。
 惜しくも敗れたとはいえ、羽生の今年の活躍はすさまじかった。年初には二冠(王座・王将)だった羽生は、今年の七タイトル戦のすべてに登場し、名人・棋聖を奪取して四冠、「永世名人」の資格も獲得した。「永世竜王」まで竜王位あと一期、という状況に変化はない。前人未到の「永世七冠」への挑戦は来年も続く。来期の竜王戦が今から待ち遠しい。
 故・金子金五郎九段が「プロの最高峰の将棋とは何か」について語ったこんな言葉がある。
 「勝負という形式をとりながら、人間と人間の交りである。生命をけずって、真底のものをさらけだして交ろうとする人間の願いを、将棋を通して現そうとする行為のことだと思う。」
 今年の竜王戦七番勝負は、まさに金子のこの言葉通りに、渡辺明と羽生善治という二人の人間が「真底のものをさらけだして交ろうと」したゆえに生まれた名勝負だった。だからこそ私たちに大きな感動をもたらしたのである。

(2008年12月19日 読売新聞・朝刊文化面から転載)

2008年12月18日 (木)

現地大盤解説場・終局直後

Dsc_0069 (終局が伝えられ、会場は大きな拍手に包まれた)

2008年12月17日 (水)

1日目夕食の料理

Photo 043

039 040

044054_2

056 059

060 (烏@天童)

【質問】キャンセル料は?

東京都の初心者さん、男性の方からのご質問です。

「大変楽しく、興味津々にて拝見させて頂いております。
無料にてファンにブログや棋譜をリアルタイムで更新して下さるサービスに、読
売新聞社さんや協力されてる企業スタッフの方々に、心より感謝を感じます。本
当にありがとうございます!m(_ _)m
指し手とは関係なくて恐縮ですが、いつもとても気になっており、ブログ等ネッ
ト上でも話題になっているのですが、最終局までいかないで終わった棋戦では、
予定されていた旅館はどうなるのでしょうか??
多分それらの旅館は、可能性を考えて、お客さんの宿泊予定を制限したりと色々
配慮されてるのだと思うのですが、途中で終わった場合は、キャンセル料などを
お支払いするんでしょうか?
また、旅館の順番はどのようにして選ばれるのでしょう??
例えば、以前最終局まで行かず、不使用となった場所は、今回は早目に予定に組
むなど、過去の流れも考慮されるのでしょうか?
すみません、あまり将棋とは関係ない質問ですが、よろしくお願いします。」

【回答】
読売新聞竜王戦担当記者の西條耕一さんにお話を聞きました。
「予定されていた旅館、ホテルにキャンセル料をお支払いすることは、原則としてありません。ただ、翌年の七番勝負で局数を繰り上げるなどの配慮はしています。

本局ですと、300人入る大盤解説場を3日。100人入るプレスルームを用意していただいており、仮に対局が行われなかった場合はかなりの損害になるでしょう。それでも是非タイトル戦をというホテル側のご厚意のもとに成り立っています」

(烏@天童)

昼食のメニュー表です

【昼食のメニュー表】
・ざるそば(冷) ・天ざる(冷) ・天ざるうどん ・かけそば(温)

・月見そば(温) ・鳥そば(温) ・鳥うどん(温) ・鴨南蛮(温)

・天ぷらそば(温) ・天ぷらうどん ・ラーメン ・みそラーメン

・生寿司 ・ちらし寿司 ・かつ丼 ・天丼 ・牛丼 ・カレーライス

・かつカレー ・ハヤシライス ・ピラフ ・ナポリタン ・ハンバーグ

(烏@天童)

2008年12月16日 (火)

「棋譜plus」の操作方法および、「質問コーナー」について

Photo_2 本局は変化手順付きの「棋譜plus」で棋譜中継を行います。以下は「棋譜plus」の操作についての説明です。(写真をクリックすると大きくなります)。
分岐がある場合は、棋譜バーの下、棋譜保存の上に選択が出ます。(1△6四銀 ▼)の部分。▼を押すと本譜手順、変化手順が並んで表示され、見たい進行を選ぶことができます。
変化手順から本譜手順(もしくは現在までの局面)に戻る場合は、上部ボタン右から3つ目を押していただくと、ひとつ前の分岐までもどることが出来ます。また、今回から変化手順を青色で表示しています。序中盤は変化手順中心、終盤戦は更新速度を優先していく予定です。

第2局でも行いました「質問コーナー」を第7局でも行います。
今回は主に、指し手に関する質問をメインに受付を致します。皆さまが、疑問に感じることなど、ぜひ質問フォームから、お寄せ頂ければと思います。
尚、質問の受付時間は、12月17日(火)6時から、12月18日(木)21時までとなっております。(※時間的な都合上、当サイトで掲載するご質問はスタッフが選ばせていただきます。あらかじめご了解下さい。)

質問はこちらのリンクからお願いいたします。

また、携帯からも質問が可能です。下のQRコードを携帯カメラで読み取り、アクセスして下さい。
Qr_2

(烏@天童)

関係者夕食会の料理

004 007

008 010

013016

021 027 

030 (烏@天童)

2008年12月11日 (木)

渡辺竜王が勝って最終局へ

70081210h_3 第21期竜王戦7番勝負第6局は渡辺竜王が勝ち、3連敗からの3連勝で対戦成績を3勝3敗としました。終局は16時2分。消費時間は羽生名人7時間8分、渡辺竜王は6時間34分。
最終第7局は12月17、18の両日、山形県天童市「ほほえみの宿 滝の湯」で行われます。

(烏@龍言)

おはようございます

126 133
(心なしか昨日より増えたような気がしますが、本日もよろしくお願いいたします)
(烏@龍言)

2008年12月10日 (水)

1日目夕食の食事写真

102 099

098 100

101 104

105108

117 120

124 (烏@龍言)

カテゴリ