« 81手目の局面、8手一組の千日手? | メイン | パリの激闘の終焉 »

2008年10月20日 (月)

超難解、超絶技巧

24dsc_0255  超難解な終盤戦、これぞまさしく将棋界を代表する頭脳同士の闘い。そして超絶技巧の応酬。芸術の都パリに相応しい二人が織り成すこの将棋、この勝負。これを芸術と云わずして何と言おう。

 しかしながら、控え室検討陣は、この局面で、再び苛まれている。果たしてどっちが勝っているのか?優勢なのか?激しい意見の応酬がこちら側で交わされている。

カテゴリ