« 2007年12月 | メイン | 2008年9月 »

2008年8月の記事

2008年8月30日 (土)

ポイントになった局面

080829130 ポイントになった局面は、130手目の△6九竜。
「△6九竜では△4八竜のほうが数倍良かったですね。むしろ有望だったか・・・」と木村八段。135手目の▲6六桂を見落としていたようだ。
△4八竜以下は▲5六金に△8三香と進み、その後20分ほど検討された結果、難解ではあるが後手もやれるようだ。

第2局は9月3日(水)に行われる。

終局後の対局室

P8298363
対局室に、控え室にいた検討陣が次々に入室する。
雷も、終局と共に大人しくなった。
P8298368_2
終局直後の羽生名人。勝ったものの表情は厳しい。
P8298354
力ない声で感想戦を行う、木村八段。
P8308373
時間が経つにつれて、対局室に人が増えていく。
P8308377
画面に映る、感想戦が行われている盤面。下側の木村八段の駒が乱れている。

木村八段、投了

080829191 189手目から191手目までの指し手
▲9二馬△同 香▲8一金

23時41分、191手目の▲8一金で木村八段が投了した。羽生名人は持ち時間を2分残していた。
以下、受けるには△9一銀と駒柱を再度完成させるしかないが▲同金と取り、その後受けたとしても一手一手。先手玉は馬付の穴熊なので、希望が見えず投了はやむ得ない。

188手目までの局面

080829188 179手目から188手目までの指し手
▲同銀成△同 玉▲6二飛△9二金▲8一馬△8四銀▲9六桂△9五銀▲7二飛成△9三玉

現局面で、駒柱完成!「9筋で駒柱ができるとは珍しい」数手前から、「駒柱か?9筋で駒柱か?もしかして8筋でも・・・」と控え室では大盛り上がり。

178手目までの局面

080829178 169手目から178手目までの指し手
▲同飛成△同 銀▲同 馬△8四飛▲7二銀△9三玉▲8三銀打△8二歩▲7一馬△8三飛

木村八段は1分将棋の中粘る。172手目の△8四飛の局面は少し先手が嫌な形だったが・・・

2008年8月29日 (金)

168手目までの局面

080829168 158手目から168手目までの指し手
△8三銀▲4四角△4三金▲7二成桂△同 飛▲同銀成△同 銀▲6二角成△8二玉▲4一△6一銀打

粘る木村八段。決めに行く羽生名人。

控え室では、停電の心配をしている。

157手までの局面

080829157 148手目から157手目までの指し手
△7四歩▲5六馬△8五歩▲同 銀△同 香▲3四馬△8二飛▲7八馬△2九龍▲6一銀

羽生名人の持ち時間を3分残していたが、この手の▲6一銀で1分使い、残り2分。対して木村八段は148手目の△7四歩のところで1分将棋に入ったようだ。

147手までの局面

080829147 136手目から147手目までの指し手
△6三玉▲4一馬△7三玉▲7四馬△7二玉▲4七馬△7九龍▲7四桂△9二飛▲6二桂成△7三玉▲6三歩

137手目の▲4一馬から▲7四馬、▲4七馬がまるで稲妻のような馬の動き。今日の天気にぴったりである。147手目の▲4七馬をグリグリっと指す羽生名人。控え室では「かっこいいなぁ」の声。
147手目の▲6三歩の時、対局室の大きな窓一面から雷の光が入り込んできて、まるでドラマのような光景だった。雷は絶え間なく鳴り響いている。

135手目までの局面

080829138  130手目から135手目までの指し手
△6九龍▲3三歩△8三香▲3二歩成△同 金▲6六桂

「羽生さんが勝ちそうな雰囲気です」と藤井九段。後手玉は寄るのか寄らないのか。

129手までの局面

080829129 117手目から129手までの指し手
▲1四成銀△5八歩成▲7七角△4八飛▲5四歩△同 金▲5六香△5七と▲5四香△同 玉▲5七金△7八飛成▲8八金

22時半頃の局面。残り時間はともに13分。

先程までは木村八段が粘っていたのだが、いつの間にか羽生名人が粘る展開になっているようだ。

カテゴリ