2019年9月26日 (木)

20190926j

18時10分、木村九段が10分の考慮で△2七角(図)と打ちました。持ち駒がない先手はこの王手への対応が難しく、形勢は後手が大きくリード。木村九段が初タイトルを目前のものにしています。

Dsc_68221 (木村九段。このまま走りきりたい)

Dsc_69341 (控室では、4人の棋士が継ぎ盤を囲んでいる。やはり木村九段有望の順が多い)

Dsc_69411 (立会人の塚田九段)

Dsc_69391 (左から黒沢怜生五段、杉本和四段、鈴木大九段)

20190926i時刻は17時を回りました。互いに攻めながら相手の大駒を取り、現状は図の局面。控室の検討で後手の木村九段が指せそうといわれていた順に進んでいます。

Dsc_66481 (やや苦しそうな豊島王位。勝負順を見いだせるか)

20190926g

上図は16時15分頃の局面。木村九段が57分考えて△6九角と踏み込んだところです。これに(1)▲6九同飛は、△同銀不成▲同玉に△8八飛が厳しく、後手勝ち。実戦は(2)▲4九玉△3六角成(下図)まで進みました。

20190926h

△3六角成の局面で、先手は▲6二歩~▲6一歩成としてきた流れからいえば▲6二とですが、それは以下△4六馬▲5二と△3一玉▲7二成銀△3六金で後手が厚いというのが控室の検討陣(塚田九段、鈴木大九段、杉本和四段)の見解。継ぎ盤では、後手がよい変化が多く出てくるようになっています。

Dsc_67932 (木村九段がペースを握りつつあるか)

都市センターホテルから車で5分ほどの距離の東京新聞(中日新聞東京支社)では、15時から大盤解説会が始まっています。

Dsc_69332

(会場はお客さんで一杯。定員80名に対し、約300名の応募があったという)

Dsc_69211 (解説は飯島栄治七段と加藤桃子女流三段ペア)

Dsc_69241 (飯島七段。「木村さんが攻めてますよ。どういうことですか?」とおどけて、お客さんの笑いを誘っていた)

Dsc_69301 (笑顔でテキパキとした進行の加藤桃女流三段)