2018年6月 4日 (月)

65図は16時過ぎの局面。
▲6九飛は銀にヒモをつけつつ、間接的に6二金を狙っています。対して控室では「△8六歩と△6五歩を考えましたが、筋としては△8六歩が自然でしょうか。先手は▲3二歩△4一玉としてから▲7七銀と引いてどうかですが、この攻防はやや先手が苦しいのではないかと思います。また、冷静に△6四歩と受けておくのも有力かもしれません。一気にリードを目指すなら△8六歩、曲線的に少しずつリードを図るなら△6四歩でしょうか」と、佐々木大地四段が見解を示しています。

Img_6530

控室では、佐々木大地四段のほか、自身の対局を終えた中村真梨花女流三段も検討に加わっている。

62図は15時過ぎの局面。
図から先手の狙い筋は、▲3二歩△同玉▲8七歩△6六飛▲3三歩△同桂▲6六角。飛車銀交換で先手駒得になりますが、△7七歩や△4五桂など、後手からの厳しい攻めも残っていて、優劣は不明です。また、途中▲3二歩に△4二玉、▲8七歩に△7六飛などの変化も多く、引き続き先手が気を使う局面が続いています。控室を訪れた日浦市郎八段は「自分なら先手を持ってあまり自信がないですね」と語っています。

55図は昼食休憩明けから2手進んだ局面です。豊島八段の休憩明けの一手は銀取りの△4四角でした。この手は先手陣に利かせながら5三の地点も守る味のいい手。対して▲6七歩が自然な手として候補と見られていましたが、羽生竜王は14分の少考で▲8八角と応じました。
「△6七歩では弱いと見たのでしょうか。▲8八角はなかなか強気な手ですが、このあとは気を使う展開になりそうです。後手のほうが気楽な展開ということはありますね」(ニコニコ生放送の屋敷九段)

Img_6446 千駄ヶ谷は青空が広がり、初夏の風が薫る陽気だ。

Img_6434 鳩森神社はアジサイの季節。

Img_6444

Img_6465 ハナショウブもいまが盛りだ。

Img_6476 梅の実が大きく育っていた。

Img_6449 手水鉢が心地いいオアシスになる季節が近づいている。

Img_6470 将棋堂の石碑の隣に、この秋、公開される将棋を題材にした映画『泣き虫しょったんの奇跡』の看板が立てられていた。瀬川晶司五段の実話をもとにした自伝的小説が原作だ。

【泣き虫しょったんの奇跡】(公式サイト)
http://shottan-movie.jp/

Img_6501 豊島八段は再開時刻の15分ほど前に早めに対局室に戻っていた。

Img_6502

Img_6512 羽生竜王は再開時刻を1分ほど過ぎてから戻ってきた。

Img_6519

Img_6521 豊島八段は再開後も考え続けていた。

5312時、図の局面で豊島八段が38分使って昼食休憩に入りました。消費時間は▲羽生27分、△豊島1時間0分。昼食の注文は羽生竜王が「五目チャーハン」(紫金飯店)、豊島八段が「にぎり特上」(千寿司)。対局は12時40分に再開します。

Img_6491 五目チャーハン(紫金飯店)。

Img_6492 にぎり特上(千寿司)。