2018年6月19日 (火)

Joryu_ouza20180619010194

▲中井-△伊藤戦は上図まで順調に先手が攻めているように見えましたが、ここで中井女流六段が時間を使いきって▲4五桂。後手玉を寄せきれなかったため、5四竜を守った意味でしょうが、変調ではないかといわれています。

下図は16時頃の局面。後手に攻める機会がやってきました。

Joryu_ouza201806190101102

Ky060後手は角付きの左美濃という堅陣を生かし、△5七歩(図)と確実な攻めに出ました。先手は何かひねり出さないといけませんが、すでに残り1時間を切っており、時間の面でも苦しくなっています。


Dsc_4279 (朝の甲斐女流五段。耐える時間が続いている)