2019年11月14日 (木)

126時刻は17時を回りました。後手は自陣角を打って必死の抵抗を見せていますが、これは▲7二銀打から寄りそうと言われています。どうやら先手が勝勢となったようです。
「▲7二銀打△同角に▲8二桂成△同玉と捨ててから▲7二銀成が決め手ですね。以下△8三玉には▲6四角で寄り筋です。これは先手が勝ちになったと思います」(福崎九段)

105時刻は16時半を回りました。残り時間は▲里見32分、△西山41分。
控室では数手前に打たれた△5一金の効果がいま一つで、後手の受けが難しくなってきたと見られています。
「里見さんがついに食いついた感じですね。後手を持って受け方がわからないです」(近藤正六段)
「確かにこれは、後手が急に食いつかれてしまいました。馬を切って▲7四銀は素朴な攻めですが、それだけに軽視したのかもしれませんね」(福崎九段)

98図は16時15分頃の局面。控室では福崎九段と近藤正六段が検討しています。
「▲3一角成が歩切れも解消して好手になりそうですが、△7二金と上がられると決め手がはっきり見えませんね。これはまだ大変かもしれません」(福崎九段)
「先手が攻めきるか、後手が受けきるかの勝負ですね」(近藤正六段)

Img_8825

83図は15時半頃の局面。ここまでの消費時間は▲里見2時間2分、△西山1時間47分。
▲4三銀成は△2三角の両取りが見えるため怖い手ですが、▲2一竜△4五角に▲4四成銀で角が助からないため先手有利と見られています。この手が通るとなると先手の寄せが加速していきそうです。

Img_8713 川原町広場からは金華山が望める。